法人化のメリット及びデメリット of 会社設立支援の駅


東京都中央区銀座
●●●●●●●●●●かいづもとのりこうにんかいけいしじむしょ                           
Powered by  海津元則公認会計士事務所
ご自身で設立するより 株式会社、合同会社の会社設立が9万円もお得
手数料込で、株式会社総額15万2千円、合同会社総額1万円から!
一部プランを除き、全国対応いたします。
助成金申請や税務届出等の各種届出に関するご相談も初回無料。
価格と内容でみたら、やっぱり「会社設立支援の駅」ですよね?

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


起業・創業・会社設立に関すること、どんな些細なことでも気軽にお問合せ下さい。

☎03-6694-3514
(平日午前9時~午後6時)

LinkIconE-mail 365日24時間受付中

法人設立か、個人事業主か、起業する際にはどなたも一度はお悩みになられるのではないでしょうか?

結論から申し上げますと、法人の設立にはメリットとデメリットがあります。

また、交際費をどのくらい使っているのか、資本金はいくらなのか、扶養家族の状況、課税所得は幾らくらい見込まれるのかといった、保険の加入状況といった様々な条件によっても有利、不利は変わってきます。

ですから、ある程度のシュミレーションをしてみないと、一概にどちらが有利・不利かということは申し上げられません。

ここでは、一般的に言われている、法人設立のメリット・デメリットを記載させていただきます。


法人設立のメリット

①事業規模が一定以上の場合、節税が可能となる可能性がある。

②取引先、潜在顧客に対する信用力が高まる。

③事業上の責任を限定できる場合がある。


法人設立のデメリット

①会社設立登記の他、各種手続業務が個人事業と比較して煩雑である。

②会社設立登記には、コストがかかる(株式会社設立の場合、通常24万円以上が必要)

③事業上の最終責任を限定できる場合がある。



上記のようなメリットとデメリットを考慮した上で、起業をご検討ください。

また、法人設立による節税がどの程度の事業規模から可能となるのかは、諸条件によって異なりますが、概ね所得ベースで年間800万円程度と言われています。

ですから、ある程度の事業規模になるまでは、個人事業主として起業し、その後、法人成(ほうじんなり:個人事業主から法人へ移行すること)をご検討いただくということももちろん選択肢に入ります。

なお、許認可事業の場合、通常、再度許認可を受ける必要があるため、その辺のコストも考慮して、法人か個人事業かを決定すると良いでしょう。

ご自分でのご判断に自信がない方は、当事務所の起業無料相談(初回無料)を是非、ご活用ください。

完全予約制ですが、土日、祭日も対応させていただきます。

しっかりご検討いただいた上で、悔いのない起業をしましょう。


お役立情報に戻る